0歳から大人まで楽しめる 歌とピアノの
チャリティーコンサートが開催されます!
入場無料です!ご来場をお待ちしています!

日時:2018年6月30日(土)10:30開演
    (10:00開場/11:30終演予定) 

会場:函館YWCA ホール

出演:メリーナ・カローマス(歌)
    ソーニャ久美子リー(ピアノ)

演奏予定曲:華麗なる大円舞曲(ショパン)
         トルコ行進曲(モーツアルト)ほか

会場で 「東日本大震災被災者支援 北の大地プロジェクト2018」
募金を受付いたします。
みなさま ご協力お願いいたします。

チャリティー
6月21日(木)、28日(木)  13:00~15:30
編み物講座・かぎ針編 「かわいいいモチーフ編み」
の参加者を募集しています

第1回 カラフルモチーフを編んでみましょう   (21日)
第2回 モチーフをつなげてポーチを作りましょう(28日)
2回講座です

講  師:中尾富美子先生
受講料:2160円(2回分)
材料費:300円
場  所:函館YWCA     *定員8名
持ち物:かぎ針(6号)、ハサミ、とじ針、筆記用具、お好みのボタン

かぎ針 未経験の方もご参加いただけますよ
あなただけのプチポーチを 作ってみませんか?

 てしごと画像
6/24(日)にコンサートの開催が決定しました!

─朗読劇とピアノ─ 〜福島に想いを寄せて〜
”イノック・アーデン”


日時:6/24(日)1830ー20時
会場:函館山ロープウェイ 山頂2階 イベントホール クレモナ
チケット:前売1500円、ペア前売券2500円
当日券:2000円 ※当日販売はペアチケットはございません。
主催:ローラ♡ファーム/一般財団法人 函館YWCA 協力:愛育社

アルフレッド・テニスンの長編詩「イノック・アーデン」(1864年)の朗読に、作曲家リヒャルト・シュトラウスの音楽が共演するというメロドラマ形式(18世紀に流行したピアノ伴奏付き詩の朗読)での上演です。小さな港町を舞台に繰り広げられる愛と運命の痛切な物語。南海の孤島に取り残されたイノック・アーデンの数奇な人生を、研ぎ澄まされた美しい言葉と叙情あふれるピアノの感動的な共演にご期待ください。当日は英語による朗読にシンクロし、スクリーンに日本語訳が投影されるという、本邦初の歴史的な公演となります。

イノックアーデン
イノックアーデンプロフィール


詩: アルフレッド・ロード・テニソン/Alfred Lord Tennyson
作曲:リヒャルト・シュトラウス/Richard Georg Strauss
訳: 道下匡子(『イノック・アーデン』愛育社、2011年刊)
 
圧倒的な自然の恵みと脅威、揺るがぬ信念と無償の愛、
生きること、そして死とは?
 
■朗読:メリーナ・カローマス/Melina Kalomas
舞台女優、歌手。カーネギーメロン大学演劇科卒業。パンテージャスセンター(ロサンゼルス)、シーガストラムホール(オレンジ郡)、キャデラックシアター(シカゴ)、ケネディーセンター(ワシントンD.C.)、オペラハウス(ボストン)など米国の名だたるシアターなどで開催されたナショナルツアーで数々の主役を演じる。米国の人気番組、「As the World Turns」「Grimm」にも出演。多くのハリウッドスターのボーカルトレーニングも担当している。トップ歌手の指導者である、エドワード・サイェグに師事している。

■ピアノ:ソーニャ久美子リー/Sonya Kumiko Lee
ジュリアード音楽院にて、エマニエル・アックス、オクサーナ・ヤブロンスカヤに師事。ニューヨークの国際コンクールで優勝、カーネギーワイルリサイタルホールでソロデビュー。アリスターリーリンカーンセンター、コロラドアスペンウィラーオペラハウス、フランス サレデコロン、スペイン音楽祭で演奏。日本では、京都、大阪で開催された国際音楽祭にゲストアーティストとして出演。クラシックだけでなく、音楽を幅広く楽しんでいる。人気ロックバンドWEEZERとも共演し、リードボーカル、クオモ・リバースさんとの演奏はラジオにて放送され、「NOT ALONE」はCD+DVDでリリースされた。

日本語訳:道下匡子
作家・翻訳家。1942年樺太(現サハリン)生まれ。1960年AFS交換留学生として、札幌北高からウィスコンシン州の高校に留学。1967年ウィスコンシン大学ジャーナリズム科卒業。著書に『ブルー・アワー』(三一書房)、『ダスビダーニャ、わが樺太』(ノンフィクション文学賞蓮如賞優秀作、河出書房新社)、訳書にローリー・ライル著『ジョージア・オキーフ–––崇高なるアメリカ精神の肖像』(パルコ出版)、グロリア・スタイネム著『ほんとうの自分を求めて–––自尊心と愛の革命』他。

今年も 函館YWCAバザー の季節がやってまいりました

2018年6月9日(土) 10:30~13:30
函館YWCA にて 開催

バザー

食券も前売り販売中!

五目ごはん 350円
お赤飯    350円
Yドーナツ  220円

バザー用品のご寄付も ご協力お願い致します
( 火~金 10:00~17:00 受付 )

たくさんのみなさまのお越しを おまちしております

5/12は、「CAPの日」。

「CAPの日」とは、子どもの日のある5月、第2土曜をとし、
東日本のでCAPの活動をするJ-CAPTAエリアの団体・グループで
CAPのメッセージを一斉に伝えていこうという日で、
今年からスタートしました。

函館YWCA・CAPグループでは、 「函館スペシャリスト同窓会!」と題して、
昨年8・9月に5年ぶりに函館で行われた、
「CAPスペシャリスト養成講座」の受講仲間やOGが集まりました。

32257799_1609235042465805_2852887045175508992_n.jpg
↑就学前プログラムで使用している人形たちと一緒に。

教育、医療、自治体、法曹、NGOなど、参加者の近況や活動をそれぞれ共有したあと、
函館CAPグループや道南の子どもに関する活動の報告も。
その後は、プチ子どもワークショップをみんなで練習しました。

32267264_1609235285799114_2192857306012581888_n.jpg

32260737_1609235105799132_1204198436253990912_n.jpg

32231249_1609235319132444_3531309135674998784_n.jpg

久々にワークショップを体験した参加者の方からは、
「いつもやっているファリシテーターのすごさがわかった」
「いつかは私も実際のワークショップをやってみたいと、気持ちが新たになった」
といった感想がシェアされました。


CAPの日に合わせて、新しく制作したCAPリーフレットもお披露目!
デザイン・イラストは、元雑貨デザイナーで、函館でも大人気のひづめみか~るさん。
制作費は、市内のご支援者さまからの募金を活用させていただきました。

32235239_1609264862462823_665947473952374784_n.jpg32325630_1609264892462820_3834970779565424640_n.jpg

市内のさまざまなご関係者、ご支援の力があっての
CAPの活動なのだと、胸があつくなった日でもありました!




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ